スマホメニュー
整体太郎と鍼灸花子
- ご予約・お問い合わせ -
TEL 06-6385-1508
 
9:00-13:00
16:00-20:00 ×
受付時間 午前9:00-13:00 午後16:00-20:00
休業案内 木曜 / 日曜午後 / 祝日
facebookページ
ブログ
スタッフブログ

吹田市江坂の医師も通う整体太郎と鍼灸花子のブログ

BLOG
体に関する事や、お知らせ・日々の活動をご報告。
子供の靴選びについて
2017年11月17日 金曜日
生後1年ほどかけて二本の足で歩けるようになっていきますが、歩けた時が”足と歩行の完成ではない”ということ。むしろ、大人になってからの足の様々なトラブルのほとんどというのは、6歳頃までの足の発達の状態によって左右されると言っても言い過ぎではないのです。

お子さんの靴選び、どうされていますか?

大人だったら大きさやフィット感など、自分の感じ方を説明できますが、6歳以下の靴を履き始めたばかりのお子さんは、そのあたりの感覚も分からないし、うまく説明するのも難しいものですよね。
親としても「どんな靴が良いのかな?」と不安になる方も多いようです。

先日、当院で産後骨盤矯正を受けられている患者さんから
「子供の靴選びをお願いしてるお店が京都にあるんですけど、そこの方に私の足の歪みを見てもらったら、この前先生に言われたのと全く同じように歪みを指摘されました。」
とお話がありました。


しかもその後に続いたのは、
「体の重心とか、あのお店は足や靴選びの知識に関しては変態です。」とのこと。笑


ほう、そこまで詳しく足の歪みをチェックした上で靴選びや中敷作成をしてくれるお店があるのか…
しかも自分と同じような見方をされているとは、何か縁を感じるな〜。


「なんでもすぐ行動する」がモットーの乾はすぐさまお店に電話。


子供&婦人靴専門のフィッティングショップなのですが、お仕事の邪魔にならない程度で一度お話をしたいと伝えると、とても丁寧に応対してくださり、直接お話する機会をいただきました。
お仕事でお忙しいところお時間をとっていただいたスタッフさんに感謝です。


今回は、そんな靴選びのプロから学んだお話をお届けします。

足の機能は6歳までの靴選びで決まる

ご自身のお子さんの靴選びは正しくできていますか?
子供の足はまだまだ未完成で、靴の影響を最も受けやすい時期でもあります。
成長スピードが早い今だからこそ、足に合った靴を履かせてあげることが大切です。

足は体の土台

体と運動を支える大切な足。その足の発達を促し、健康を保つためには靴が合っていることが何よりも重要。


子供の足は大きく育つものなのです!

「すぐに大きなるから・・・」と大きすぎる靴や小さいままの靴を履かせるのは本末転倒。
足の骨格や機能が正しく出来上がることを妨げます。


土踏まずは6歳頃までに形成される

歩く、走る、跳ぶ、踏ん張る、バランスを取る。
二本の足で体を支える重要なアーチ機能が発達するかどうかは6歳頃までに決まります。


歩くのを嫌がるのは大事なサイン

「歩かないから、歩かせていない・・・」は問題アリです。
子供の体力向上には、幼児期の運動習慣が影響します。ずっとベビーカーに乗せていませんか?


子供の足の成長について

生後1年ほどかけて二本の足で歩けるようになっていきますが、歩けた時が”足と歩行の完成ではない”ということ。
むしろ、大人になってからの足の様々なトラブルのほとんどというのは、6歳頃までの足の発達の状態によって左右されると言っても言い過ぎではないのです。
幼児の頃の足の骨は、大部分が軟骨で発達につれて徐々に骨が硬くなっていきます。
この過程を”化骨”と言いますが、骨格が大人と同じように完成するのは早ければ14〜16歳、遅ければ18歳頃までかかります。
足の骨格はこの時期に決まってきますから、合わない靴を履いて過ごしていると骨の正しい成長を妨げてしまったり、関節の歪みを生む原因となります。


大きめの靴を履かせてはいけない理由

子供の頃の足の骨は軟骨状態。特に足の指は柔らかくて変形しやすいのです。
大きめの靴を履くことで靴の内部で前方に滑り込み、指が詰まり変形の原因になります。
靴が曲がる場所である”ポールポジション”という場所と足の曲がる関節の位置が合うことで、しっかりと地面を蹴って歩行できます。
脱げそうなほど大きな靴を履いていると、足の発達どころか、全身の歪みを生む恐れもあります。


良い子供靴選びの6条件

素材は天然の革がベスト

汗っかきでデリケートな子供の皮膚には、吸湿性や伸縮性に富んでいることを考慮しても天然革が良いでしょう。
ヨーロッパの高品質な子供靴にはアレルギーの原因になるクロムなめしの革は使用されていませんので安心。


足を固定しやすい紐

運動量の多い子供の靴は固定力が大切。
特にマジックテープの場合は甲周りやかかとの大きさに正しく合った靴を選びましょう。


つま先に指が伸びるスペースがある

つま先の形状が広く、足指を圧迫しないこと。
正しい歩行をするためには親指で地面を蹴れるよう十分な厚み(高さ)があることが大切。


足首までの深さがある

足の関節が未発達で不安定な3歳くらいまでは、変形を防止するため・固定力を上げるためにもハイカットの靴が良いでしょう。


かかとの収まる部分がしっかりとしてる

柔らかすぎて、簡単に手でねじれるような靴は良くありません。
良い子供靴にはしっかりとした月状芯が入っており、不安定な子供の足首の倒れこみを防いでくれます。


靴底が足の蹴り返し部分で曲がる

つま先が少し上に沿っていること。
靴底が不自然なところで二つに折れ曲がるようなものは避けた方が良いでしょう。
材質は、衝撃吸収のよいウレタンなどが望ましいです。


お店の紹介


ウェルネス&シューズサロン フラウプラッツ
〒603-8122 京都市北区小山花ノ木町56(北大路ビブレ西北側)P無
TEL:075-493-5533(完全予約制)
Open :午前10:00~18:00(最終受付17:00迄)
Closed:毎週月曜・第1,3日曜定休、その他不定休有
HP:http://www.ein-weg.com



【記事作成者 整体太郎と鍼灸花子(吹田市江坂)】


関連記事

・産後の腰痛
・産後の尿もれ
・【症例】夜寝付かない、落ち着きがない|6歳男の子
・【症例】抱っこの際の腰痛
  • 阪急豊津駅から徒歩3分!
    コインパーキングサービス有ります。
  • お車でお越しの方
    千里中央方面からの場合
    新御堂筋(423号線)を大阪方面に進み、名神高速道路と交差する地点で左折します。
    名神高速道路を左手に見ながら側道を直進すると、突き当たりに関大前駅が見えてきます。
    そちらを右折して直進すると右手にコンビニ(ローソン)が見えてきます。
    さらにもう少し進むと、線路側と住宅街への二手に分かれる道が見えますので、右手(住宅街)の方へ進んで下さい。直進して突き当たりを右折すればすぐ右手に当院があります。

    大阪・梅田方面からの場合
    新御堂筋(423号線)を千里中央方面に進み、神崎川を越えてすぐの江坂方面出口を降りて一つ目の交差点(江の木町)を右折。
    100mほど進みますと川と橋が見えて来ますので橋を渡らずに川沿いの道へ左折。
    川を右手に見ながら北東方向に直進すると信号(内環状線)が見えてくるので、そちらを越えてさらに川沿いを直進します。
    800m程進みますと、左手に豊津の交番が見えて来ますので、そちらの交差点を左折。
    100m程進みますと、右手に当院の看板が見えて来ます。

    駐車場について
    当院斜め前のコインパーキングをご利用ください。
    サービス券をお渡しいたします。
    電車でお越しの方 "阪急豊津駅"
    阪急豊津駅の改札を出て、右側にある出口から地上に出ます。
    踏切を背中にして直進し、交番と洋菓子屋”らふれーず”に挟まれた道をさらに直進して下さい。
    郵便局、ファミリーマートを通り過ぎて少し進めば右手に当院が見えてきます。
    整体太郎と鍼灸花子
    - ご予約・お問い合わせ -
    TEL 06-6385-1508
    〒564-0062 
    大阪府吹田市垂水町1-8-25
    » コインパーキングサービス有
    » 阪急千里線 豊津駅から徒歩3分

     
    9:00-13:00
    16:00-20:00 ×
    受付時間 
    午前9:00-13:00 午後16:00-20:00
    休業案内 
    木曜 / 日曜午後 / 祝日
"土日も営業"
"キッズスペース"
"待ち時間なし"

Call: 06-6385-1508