スマホメニュー
整体太郎と鍼灸花子
- ご予約・お問い合わせ -
TEL 06-6385-1508
 
9:00-13:00
16:00-20:00 ×
受付時間 午前9:00-13:00 午後16:00-20:00
休業案内 木曜 / 日曜午後 / 祝日
facebookページ
ブログ
スタッフブログ

吹田市江坂の医師も通う整体太郎と鍼灸花子のブログ

BLOG
体に関する事や、お知らせ・日々の活動をご報告。
乳腺炎 おっぱいトラブル
2017年7月15日 土曜日

産後ママの4分の1がかかると言われている乳腺炎。症状が進行すると、最悪の場合手術を要するケースも、、、。他人事では済まされない乳腺炎について詳しく解説した内容をまとめてみました。

こんな症状でお困りではありませんか?


胸が張って痛い
乳房が熱を持っている
赤ちゃんがおっぱいをなかなか飲んでくれない
おっぱいにしこりができて痛む(乳がんとの鑑別が必要)
原因不明の発熱が起こる
抱っこや揺れなどの衝撃でひびく


これらに一つでも当てはまれば乳腺炎の可能性があります。
症状については、約4分の1の産後ママに起こるとされており、胸が張る程度のものから発熱や手術を要するものまで、その出方は様々です。また、放っておくことでおっぱいの成分に影響が出ることもあるので、事前に知識をお持ちになった方が良いでしょう。

乳腺炎の種類

①うっ滞性乳腺炎

うっ滞性乳腺炎は母乳が出始めた頃のお母さんに起こる乳腺炎のことです。

母乳は胸の内部の乳腺という部分で作られ、そのまま乳頭から外に出るようになっているのですが、子供が十分に乳首を吸うことができなかったり、陥没乳頭などの元々の乳頭の形が原因で母乳の出口が狭くなっている場合には胸の中に母乳がたまってしまいます。



②化膿性乳腺炎

化膿性乳腺炎は他の乳腺炎と異なり、赤ちゃんが原因で起こる乳腺炎です。

授乳中に赤ちゃんの前歯が生えてきたタイミングで乳頭を傷つけてしまい、乳頭から細菌感染をおこす病気で、強い炎症を引き起こします。

この病気は授乳を終えることができるのかどうかによって治療の方針や薬の選択肢などが大きく変化するので、乳児の年齢や育児の方針に合わせて治療を行います。

③乳輪下膿瘍

乳輪下膿瘍は化膿性乳腺炎が進行した病態です。
乳輪の下に膿がたまり出来物ができてしまう、といった症状です。

感染が大きくなり炎症が拡大することで組織が壊され白血球が蓄積し膿が溜まります。この疾患は小さな切開を施すことで膿を出し、綺麗に洗い流すことで劇的に症状が治まるのが特徴です。

乳腺炎の原因は?

・食生活

これがかなり重要になってきます。
授乳時期、たくさん栄養は取らないといけないのですが、脂っこいものや高たんぱくなもの、甘いものは乳腺のつまりの原因となります。特に甘いものの食べ過ぎは乳腺炎にとって良くないと言われています。東洋医学的にも甘いものの取り過ぎは体の中に湿気を溜めやすく体内の滞りを生みやすいと言われており、この症状に関連が深いと解釈できます。

・下着での締めつけ


まず、肩甲骨付近と乳腺は同じような高さにあり、互いに影響しあいます。
ブラジャーなどの締めつけにより、肩や胸の締め付けが起こると乳腺炎の引き金となります。
長時間の締め付けやきつい締め付けは避けるようにしましょう。

・おっぱいの飲み残し

夜寝ながらおっぱいをあげていると、そのまま朝まで寝てしまう...なんて事ありませんか?

そうすると、おっぱいの飲み残しがおこり乳腺炎の原因になってしまいます。

極力3時間以内の授乳をこころがけましょう!

・疲労の蓄積


産後特に気を付けたいのがこの”疲労”。
育児・家事などで1日中フル活動のお母さんは疲労が蓄積してきます。
この疲労が蓄積することで、体全体の循環力は低下し、乳腺の詰まりやすい状態になります。
また、疲労が溜まった時に欲するのが甘いもの...前述のとおり、甘いものが影響して症状を引き起こすきっかけとなってしまいます。
疲労があると免疫機能も低下してきますから、化膿などのリスクも上がります。

・ストレス

ストレスが溜まると自律神経の乱れが起こります。
それにより血行が悪くなり、疲労の蓄積と同じように症状のきっかけとなります。
臨床での経験上、神経質だったり完璧主義タイプの方はストレスもためやすく、注意が必要となりますね。

また産後は特に出産が終わればすぐに育児が始まり、休む間もありません。

それにより疲労がたまりストレスが溜まりやすくなります。

一般的な治療法


初期段階の場合は、病院や助産院で乳房のマッサージを受けることで、溜まった母乳をしぼりとる。
発熱時は、抗生剤や解熱鎮痛薬の処方が一般的です。
進行度合いがきつく、上記で改善されなければ手術を要することもあります。

当院での施術
①まずは疲労の除去を行います

疲労が溜まっている時は、体の循環系(血液、リンパ液、脳脊髄液など)や内臓の機能低下がみられます。
まずは乳腺炎を生む原因・疲労によって起きる機能低下を改善し、回復しやすい体作りを行います。

 

②それによって起きる歪みの改善

乳腺だけでなく、循環系の低下からくる
負担のかかっている関節や靭帯・筋肉など、体の構造的な問題を改善します。

 

③セルフケアの指導

日常での注意点や、自宅で症状を緩和するためのケアについて分かりやすくお伝えしていきます。


まず、イメージとして【水道管の元栓を開くイメージです】 
母乳は血液から作られます。ですから血液の流れがいい事が最低条件です。

整体や鍼灸により固くなった関節や筋肉を柔らかくし、体液の循環を最大化させることで乳腺炎の症状が和らいできます。

そして、助産師さんに乳房マッサージをしていただくとさらに改善しやすくなります。   

私達が【水道管の元栓を開き】助産師さんが【水道管の栓を抜く】イメージです。

・ご安心ください
私達達は以下の事をお約束します 
①胸を直接は触りません。 鎖骨のしたや脇の下などを触る事がありますが、必ず確認をとります。

②女性スタッフが必ずいるところで施術いたします。 鍼灸治療は基本、女性の鍼灸師が施術いたします。   

”男性に施術されるのに抵抗がある”
こういうご要望がある場合は一度お電話にてご相談ください。

とにかく早い段階での処置が重要です。


【記事作成者 整体太郎と鍼灸花子(吹田市江坂)】

 

 

関連記事

・揉んでも治らない!?肩こりの本当の原因とは

・何度も起こる乳腺炎が胸を触らずに改善

・辛い乳腺炎と肩こりが楽に

・【症例】治らないと思っていた慢性の肩こり腰痛

 

  • 阪急豊津駅から徒歩3分!
    コインパーキングサービス有ります。
  • お車でお越しの方
    千里中央方面からの場合
    新御堂筋(423号線)を大阪方面に進み、名神高速道路と交差する地点で左折します。
    名神高速道路を左手に見ながら側道を直進すると、突き当たりに関大前駅が見えてきます。
    そちらを右折して直進すると右手にコンビニ(ローソン)が見えてきます。
    さらにもう少し進むと、線路側と住宅街への二手に分かれる道が見えますので、右手(住宅街)の方へ進んで下さい。直進して突き当たりを右折すればすぐ右手に当院があります。

    大阪・梅田方面からの場合
    新御堂筋(423号線)を千里中央方面に進み、神崎川を越えてすぐの江坂方面出口を降りて一つ目の交差点(江の木町)を右折。
    100mほど進みますと川と橋が見えて来ますので橋を渡らずに川沿いの道へ左折。
    川を右手に見ながら北東方向に直進すると信号(内環状線)が見えてくるので、そちらを越えてさらに川沿いを直進します。
    800m程進みますと、左手に豊津の交番が見えて来ますので、そちらの交差点を左折。
    100m程進みますと、右手に当院の看板が見えて来ます。

    駐車場について
    当院斜め前のコインパーキングをご利用ください。
    サービス券をお渡しいたします。
    電車でお越しの方 "阪急豊津駅"
    阪急豊津駅の改札を出て、右側にある出口から地上に出ます。
    踏切を背中にして直進し、交番と洋菓子屋”らふれーず”に挟まれた道をさらに直進して下さい。
    郵便局、ファミリーマートを通り過ぎて少し進めば右手に当院が見えてきます。
    整体太郎と鍼灸花子
    - ご予約・お問い合わせ -
    TEL 06-6385-1508
    〒564-0062 
    大阪府吹田市垂水町1-8-25
    » コインパーキングサービス有
    » 阪急千里線 豊津駅から徒歩3分

     
    9:00-13:00
    16:00-20:00 ×
    受付時間 
    午前9:00-13:00 午後16:00-20:00
    休業案内 
    木曜 / 日曜午後 / 祝日
"土日も営業"
"キッズスペース"
"待ち時間なし"

Call: 06-6385-1508