スマホメニュー
整体太郎と鍼灸花子
- ご予約・お問い合わせ -
TEL 06-6385-1508
 
9:00-13:00
16:00-20:00 ×
受付時間 午前9:00-13:00 午後16:00-20:00
休業案内 木曜 / 日曜午後 / 祝日
facebookページ
ブログ
スタッフブログ

吹田市江坂の医師も通う整体太郎と鍼灸花子のブログ

BLOG
体に関する事や、お知らせ・日々の活動をご報告。
産後の膝痛
2017年7月7日 金曜日

当院にいらっしゃる産後の方の半分が膝の痛みを訴えます。それは授乳やオムツ替え、抱っこなど常に膝に負担がくる体勢が多いからです。ただ膝の痛みを取るだけではすぐに再発してしまいます。 ではどうすれば良いのか?今回は、その対策についてお伝えします。


☑立ち上がる時やしゃがむときに膝が痛くなる
☑歩いていると徐々に膝に痛みがでる
☑階段の上り下りで膝が痛む
☑あぐらをかく際、膝を曲げると痛い
☑オムツ交換の時、膝の曲げ伸ばしで膝が痛む

 

これらの症状は、産後特に増えるものです。

産後から起こる膝の症状については、産後の腰痛に次いでご相談も非常に多くなっております。
当院に来られる方の中でも、半分以上の方が他の症状などと合わせてこの膝の痛みを訴えるケースが多いです。

今回は、そんな膝の痛みについてのお話です。

産後の膝痛、何が原因?

他の痛みについても共通していますが、産後はだっこをはじめとする子育てでの物理的負担がたくさんかかってきます。

☑抱っこ
☑オムツ替え
☑授乳姿勢など


他にもたくさんありますが、立っていても座っていても、体を支えている膝関節への負担が症状の引き金となります。

 

疲労の蓄積

本来であれば、ゆっくりと睡眠をとることで人の体は回復していきます。
しかし、授乳や夜泣きで夜中に起きる事が多いお母さんは、その日の疲労をなかなか取ることができません。さらに、授乳を行うことで栄養も不足しがち。疲労除去に必要な栄養素も足りず、疲労の蓄積がきっかけで痛みを引き起こしてしまします。ちなみに、疲労が溜まっている時には内臓にも負担がかかるので、内臓由来の体の歪みも引き起こしやすくなります。

 

その他

☑半月板の損傷や人工関節など、器質的問題を抱えている
☑関節リウマチ、膠原病等の疾患がある

もともとの原因に加えて、産後の環境要素によって症状が悪化することがあります。

改善するには?

【一般的な治療方法】
膝への治療が中心になることでしょう。
投薬、注射、足のマッサージ、電気治療等   
しかし、産後の膝痛は膝だけの問題ではないためこれらの治療をしてもほとんど改善しません。 
また、授乳中であれば薬や湿布も制限されてしまいます。 

効果的な治療は?

【当院での治療】

☑治りやすい体づくり

産後は出産時のダメージや育児での負担がかかりやすい時期ですから、それによって起こる疲労や内臓の機能低下を補います。そうすることで体液(血液・リンパ液・脳脊髄液)の循環がよくなり、体自体の回復力・体力が高まり、症状が改善されやすくなります。

☑骨格の調整

局所である膝だけでなく、骨盤や股関節・足首など、膝に影響を与えすい関節の調整を行うことで全身の骨格・重心・筋肉のバランスを整えます。


☑局所の関節

上記の様に、全体の骨格調整をしたうえで膝を調整することで効果が出やすくなります。


☑セルフケア指導

弱っている筋肉の強化・使い方を体に覚えさせます。



膝周りはむやみに揉んだり緩めたりしない!


産後特有の膝の痛みは、膝の関節が過度に動きすぎることで起こることが多いです。
膝の関節が動きすぎるということは、支えがなくなるような状態ですから膝周りの組織はかたくなります。
このかたさは膝を支えるために、必要があって出ているかたさですので、揉んだり緩めることで支えが一気になくなってしまいます。

すると、膝の痛みはさらに強くなってしまうということですね。
すなわち、生活スタイルや体の根本の問題を改善する必要があるということです。

本来産後の骨盤矯正をしたいと思っていた方の中にも、「骨盤より先に膝をどうにかしてください」とおっしゃる方がいます。

予防のために日常で気を付けること

☑関節にかかる負担を減らす
関節に対しての負担を減らすには、まずは体の歪みを作らないということ。
例えば、
・横座り
・お姉さん座り
・足を組む
・重い荷物を持つ
・走る
・ジャンプする

これらの負担は産後の関節が不安定な時期には避けた方が良いでしょう。

座り姿勢について、基本的には正座も膝に負担がかかります。

お尻にクッションを引いてあぐらをかいた姿勢がオススメですが
15分以上は座らないようにしてください。
マメに姿勢を変えるようにしてください。

 

このあぐらが痛い場合はイスなどでの生活を心がけてください。



☑疲労やストレスを溜めない
産後は育児や家事により、精神面も身体面も疲れやすくなります。
各ご家庭の環境はそれぞれですが、ご主人やご家族・市町村の施設など、活用できるものはできるだけうまく活用し、ご自身の体を労わってあげてください。


☑自分の足に合った靴をはく

産後にヒールを履く方はあまりいないとは思いますが、これも体の歪みや膝のためには重要なことです。
できることならスニーカーを履きましょう。
また、靴のサイズが合っていなかったり、スリッパを多用していると足に余計な力が入り、疲労などから歪みを生み膝の痛みにつながりますので注意してください。


再発しやすい産後の膝の痛み

よく「なくなっていた膝の痛みがまたでてきた」と聞く機会があります。
これ、実は産後の方にありがちな傾向です。
人間には自然治癒力が備わっていますから、抱っこなどの子育てで筋肉がついてきたり、疲労が回復するなどによって痛みが取れることがあります。
しかし、股関節や他の関節などに微妙にねじれが残っていたりした場合、それが原因で痛みが再発することがあります。
なので、痛みがマシになってきた頃は、特に体を整えておいた方が良い時期と言えるでしょう。

再発しやすいということは、年齢を重ねていった時に再び何らかの問題を引き起こすということでもあります。


セルフケア

産後は筋力の弱りについては前述しました。
そして筋力は必ずと言っていいほど必要です。
だからといって、例えばフィットネスクラブに行ってマシーントレーニングを一生懸命する、

となると負荷が強すぎる可能性が高いです。
産後は弱った状態です。その弱った状態の体には、適切な負荷で、かつ正しい方法で産後のトレーニングを行う必要性があります。

 

中でも、大腿四頭筋という太腿の全面にある筋肉であり、立ったり座ったり、歩いたり、

階段の乗り降り時に使われる筋肉の強化が非常に重要になります。

何故なら、育児をしていると上記の動作がとても多くなる。

しかも、その動作に子供を抱えて起き上がったりという動作が加わると

更に膝に負担が掛かる為、大腿四頭筋の強化が必須になります。

 

・太ももの筋肉を鍛える

 ①膝を伸ばした長座姿勢で膝の下にタオルや枕を挟む。

 ②足首は足先が天井を向いた状態にしておく。

 ③膝下にあるタオルor枕を膝裏で押しつぶすようにする。

  踵が床からやや浮き上がる程度までしっかりと下に押し込んで

  膝をピンと伸ばして、太もも前面に力を入れる。
 ④力を入れて膝をピンと伸ばした状態を6秒間維持する。

 ⑤維持→休憩を10回×3セット行う。


・膝の内側の筋肉を鍛える

 ボールや、クッションを両膝ではさみ力を入れて5秒間維持する。
 この内側の筋肉を鍛えることにより、ひざを伸ばす時に、ひざのお皿を正しい方向へ誘導することができる。   

・ふくらはぎの筋肉を鍛える

 壁やテーブルに手をつきつま先立ちを 10秒3セットしてください。   

・脚だけではなく骨盤周辺(体幹)の筋肉も鍛える。

・産後の骨盤矯正を受けて骨盤の安定を図る。

・湯船にゆっくり浸かり、ひざ周辺の筋肉を温める。   

・テニスボールをひざの裏に置き、ひざをグルグルと回し、ひざ裏の筋肉の緊張をとる。   

注意点
上記のトレーニングを基本毎日行うのが望ましいが、痛みや疲労感などが強い場合は中止すること。

筋肉は、1ヶ月で今までとの違いを感じ取れ、2カ月で見た目にも機能的にも変化が生じる。

その為、根気強く続ける事が何よりも重要です。



【記事作成者 整体太郎と鍼灸花子(吹田市江坂)】

 

関連記事

・産後に気をつけたい”股関節の痛み”

・産後の腰痛の原因と改善方法

・施術後にはほとんど膝の痛みがなくなっていた

・産後のイライラが骨盤矯正で改善

・【症例】膝を床に着いて作業すると痛む

・【症例】産後の膝痛

  • 阪急豊津駅から徒歩3分!
    コインパーキングサービス有ります。
  • お車でお越しの方
    千里中央方面からの場合
    新御堂筋(423号線)を大阪方面に進み、名神高速道路と交差する地点で左折します。
    名神高速道路を左手に見ながら側道を直進すると、突き当たりに関大前駅が見えてきます。
    そちらを右折して直進すると右手にコンビニ(ローソン)が見えてきます。
    さらにもう少し進むと、線路側と住宅街への二手に分かれる道が見えますので、右手(住宅街)の方へ進んで下さい。直進して突き当たりを右折すればすぐ右手に当院があります。

    大阪・梅田方面からの場合
    新御堂筋(423号線)を千里中央方面に進み、神崎川を越えてすぐの江坂方面出口を降りて一つ目の交差点(江の木町)を右折。
    100mほど進みますと川と橋が見えて来ますので橋を渡らずに川沿いの道へ左折。
    川を右手に見ながら北東方向に直進すると信号(内環状線)が見えてくるので、そちらを越えてさらに川沿いを直進します。
    800m程進みますと、左手に豊津の交番が見えて来ますので、そちらの交差点を左折。
    100m程進みますと、右手に当院の看板が見えて来ます。

    駐車場について
    当院斜め前のコインパーキングをご利用ください。
    サービス券をお渡しいたします。
    電車でお越しの方 "阪急豊津駅"
    阪急豊津駅の改札を出て、右側にある出口から地上に出ます。
    踏切を背中にして直進し、交番と洋菓子屋”らふれーず”に挟まれた道をさらに直進して下さい。
    郵便局、ファミリーマートを通り過ぎて少し進めば右手に当院が見えてきます。
    整体太郎と鍼灸花子
    - ご予約・お問い合わせ -
    TEL 06-6385-1508
    〒564-0062 
    大阪府吹田市垂水町1-8-25
    » コインパーキングサービス有
    » 阪急千里線 豊津駅から徒歩3分

     
    9:00-13:00
    16:00-20:00 ×
    受付時間 
    午前9:00-13:00 午後16:00-20:00
    休業案内 
    木曜 / 日曜午後 / 祝日
"土日も営業"
"キッズスペース"
"待ち時間なし"

Call: 06-6385-1508