スマホメニュー
整体太郎と鍼灸花子
WEB予約
24時間・簡単予約!
06-6385-1508
午前9:00-13:00 午後16:00-20:00
- ご予約・お問い合わせ -
TEL 06-6385-1508
 
9:00-13:00
16:00-20:00 ×
受付時間 午前9:00-13:00 午後16:00-20:00
休業案内 木曜 / 日曜午後 / 祝日
facebookページ
ブログ
スタッフブログ
BLOG
体に関する事や、お知らせ・日々の活動をご報告。

産後の膝の痛みについて

2018年9月29日 土曜日
産後でもトップレベルにご相談の多い膝の痛み。これらが起こるのにもそれぞれ原因があります。産後に膝痛が起こりやすい原因から対策、注意が必要な膝痛の例などをお伝えしていきます。

産後このような症状でお悩みではありませんか?

・子供の抱き上げの際に膝が痛む
・オムツ替えで地面に膝をつくと痛い
・自転車をこぐ時に膝が痛む
・あぐらの姿勢をすると膝が痛む
・歩いていると膝に違和感がある
・しゃがむ時にズキッとする
・階段を上がったり降りたりすると痛む

これらは産後に起こりやすい膝のお悩みです。
それぞれの症状は人によって起こる原因も様々です。
産後に膝の痛みが起こりやすい原因についてお伝えしていきます。

産後に膝の痛みが起こりやすい原因

一つずつご紹介していきます。

・ホルモンバランスの変化に伴うもの
妊娠期〜産後はリラキシンという体の靭帯・関節を緩める働きのあるホルモンの影響を受けるため、膝の関節は不安定になりやすく痛みの原因となります。

・体重増加や筋力の低下
妊娠中や産後に体重が増加している場合は当然物理的な負荷がかかりますし、動きが制限されやすい時期なので、筋力の低下が起こり膝周りを支える力も弱まります。


吹田市江坂の産後骨盤矯正


・むくみによるもの
妊娠中や産後はむくみが起こりやすいですが、それによって関節内の圧力の変化が起こったり、筋力を発揮しづらい状態になった時に支持性が下がり痛みを引き起こします。




吹田市江坂の産後骨盤矯正

・産後の習慣によるもの
産後は今まではなかった抱っこやおむつ替え、繰り返しの立ち座りが始まります。それらの習慣によって生じる負担が影響して起こるケースがあります。

・体(重心)の歪みによるもの
抱っこの仕方の癖など、体の中心軸がブレることで重心は偏り、膝関節にも影響を及ぼします。

膝痛を良くするためには?

・ホルモンバランスの調整
ホルモンの影響による関節の不安定さを緩和するために、全身の循環系を整え回復を図ります。

・体重のコントロールや筋力アップ
先述の体重増加を解消する工夫をする。 主に太もも周りの筋力をつけることで膝関節自体の支持性を高める。

・むくみの除去
ホルモンバランスの調整と合わせて循環改善を行うことでむくみは軽減し、周辺の筋肉が正常に機能したり、関節内圧の調整につながります。

・子育てによる負担をなるべく減らす
これについては、それぞれの家庭環境により異なるとは思いますが、サポートを受けられる方についてはできるかがり他人に頼ってご自身の負担を少しでも減らしましょう。あとは、正しい抱っこの仕方や負担の少ない座り方などの訓練も行うと効果的です。

・体の歪みをとる
歪みの根本にアプローチしてくれるところに相談すると良いでしょう。産後は普段と状態が違う特殊な状態ですので、妊産婦の方への施術実績があるところへ行かれることをお勧めします。

こんな膝のケアは危険かもしれません

・マッサージする
このような膝の痛みの多くは、上記の原因(むくみ、ホルモン、筋力不足など)により関節が過剰に動いているような状態です。
その時にむやみにマッサージをすることで関節の動きはさらに強まり(支えが弱まる)、余計に痛みが増すケースがあります。

・ストレッチ
むやみやたらに膝関節を動かしたり、周辺の組織を緩めるようなことをすることで上記のような動き過ぎの状態につながりますので、痛みが強い場合は特に注意が必要です。

実例からみる産後の膝痛(N.Sさん 30代の場合)

担当者の解説を含む症例の完全版はこちらから
↓   ↓   ↓
(産後の膝痛|30代女性|産後骨盤矯正)

〈利用者〉
N.Sさん 女性 30代 吹田市江坂

  〈悩み〉
膝の痛み
特にしゃがんだ時や立ち上がる瞬間

  〈主な施術ポイント〉
腓骨筋、足首、重心調整

  〈施術内容と経過〉
【1回目】
 下肢の検査を行ったところ、左の足首のかたさと腓骨筋の弱りが見られた。
重心が左に偏っている状態だったので、姿勢の軸を中心に戻すことをメインに、腓骨筋をしっかりと使えるように再教育。
施術後、足首や膝の動き良くなり立ち姿勢での重心もある程度中心に戻る。
膝の動きや支えに関わるこの腓骨筋の弱りがマシになってきた頃に膝の痛みも取れてくるだろうとお伝え。

  【2回目】
1週間後来院。
膝の痛みは変化なし。
初診時に感じた骨盤のかたさはマシに。
腓骨筋はまだ弱い状態。
前回同様の方針で施術。


  【3回目】
1週間後来院。
膝が痛む頻度が減った。
腓骨筋やや力入るようになってきた。
特にあぐらの姿勢からの立ち上がりが辛い。
授乳姿勢で骨盤の後傾がきつくなっている状態だったので、授乳時の座り方を指導。  

【4回目】
1週間後来院。
膝の痛み10→3。
やや痛む時あるが、ほとんど気にならなくなってきた。
腓骨筋の左右差も小さくなってきた。

  【5回目】
1週間後来院。
膝の痛み10→1。
授乳中の膝の痛みもほとんど感じない。
重心も整っており、骨盤の歪みも目立たない状態。

こんな時は病院を受診しましょう

膝周辺の熱がいつまでたっても下がらない・全身のだるさ、こわばり感がある・あざや赤い発疹ができる・痛みで夜中に起きる、全然眠れないなど。。。
特に、症状が左右両側に出ているケースでは関節リウマチの可能性も考えられます。
安静にしていても痛む場合や上記のような症状が現れている場合はご自身で判断せず、1度病院などでの検査を行なうことをお勧めします。

関連記事

・再発しやすい!?産後の膝痛について

・産後に気をつけたい”股関節の痛み”

・【症例】膝痛であぐらがかけない

  • 阪急豊津駅から徒歩3分!
    コインパーキングサービス有ります。
  • お車でお越しの方
    千里中央方面からの場合
    新御堂筋(423号線)を大阪方面に進み、名神高速道路と交差する地点で左折します。
    名神高速道路を左手に見ながら側道を直進すると、突き当たりに関大前駅が見えてきます。
    そちらを右折して直進すると右手にコンビニ(ローソン)が見えてきます。
    さらにもう少し進むと、線路側と住宅街への二手に分かれる道が見えますので、右手(住宅街)の方へ進んで下さい。直進して突き当たりを右折すればすぐ右手に当院があります。

    大阪・梅田方面からの場合
    新御堂筋(423号線)を千里中央方面に進み、神崎川を越えてすぐの江坂方面出口を降りて一つ目の交差点(江の木町)を右折。
    100mほど進みますと川と橋が見えて来ますので橋を渡らずに川沿いの道へ左折。
    川を右手に見ながら北東方向に直進すると信号(内環状線)が見えてくるので、そちらを越えてさらに川沿いを直進します。
    800m程進みますと、左手に豊津の交番が見えて来ますので、そちらの交差点を左折。
    100m程進みますと、右手に当院の看板が見えて来ます。

    駐車場について
    当院斜め前のコインパーキングをご利用ください。
    サービス券をお渡しいたします。
    電車でお越しの方 "阪急豊津駅"
    阪急豊津駅の改札を出て、右側にある出口から地上に出ます。
    踏切を背中にして直進し、交番と洋菓子屋”らふれーず”に挟まれた道をさらに直進して下さい。
    郵便局、ファミリーマートを通り過ぎて少し進めば右手に当院が見えてきます。
    整体太郎と鍼灸花子
    - ご予約・お問い合わせ -
    TEL 06-6385-1508
    〒564-0062 
    大阪府吹田市垂水町1-8-25
    » コインパーキングサービス有
    » 阪急千里線 豊津駅から徒歩3分

     
    9:00-13:00
    16:00-20:00 ×
    受付時間 
    午前9:00-13:00 午後16:00-20:00
    休業案内 
    木曜 / 日曜午後 / 祝日
"土日も営業"
"キッズスペース"
"待ち時間なし"