スマホメニュー
整体太郎と鍼灸花子
WEB予約
24時間・簡単予約!
06-6385-1508
午前9:00-13:00 午後16:00-20:00
- ご予約・お問い合わせ -
TEL 06-6385-1508
 
9:00-13:00
16:00-20:00 ×
受付時間 午前9:00-13:00 午後16:00-20:00
休業案内 木曜 / 日曜午後 / 祝日
facebookページ
ブログ
スタッフブログ
BLOG
体に関する事や、お知らせ・日々の活動をご報告。

立ち仕事で起こりやすい腰痛の原因

2019年2月15日 金曜日
特にお悩みの多い腰痛、他の症状にも言えることですが原因は様々です。今回はその中でも起こりやすい立ち仕事で起こる腰痛についてのお話です。なぜ腰に負担がかかりやすいのか徹底的に解説いたします。

はじめに

腰痛に限ったことではありませんが、原因は様々。
当院では特に腰痛でのお悩みが多いので、お仕事や環境、要因別で徹底解説いたします。


今回は中でも多い立ち仕事で起こりやすい腰痛についてのお話です。

立ち仕事の方の特徴

吹田市江坂の太一仕事での腰痛
立ち仕事の方の特徴として


・同じような姿勢が続く
・片側に重心を置く
・下を向き背中を丸くし作業する
・座ることが少ない


などが挙げられます。
これらが続くと体に負荷を与え続けるので痛みの誘発へと繋がります。
では体にどんなことが起こっているのでしょうか?

腰痛はなぜ起きるのか

先ほども言いましたが、要因は様々です。これがあるから必ず腰痛になるとも限りません。
いくつか上げていくなら

・筋肉(筋膜の緊張や伸張性収縮)による腰痛


これはある一定の動作や姿勢が続くことでボディスーツのように体全体を覆っている
筋膜と呼ばれるものがずっと伸ばされたり収縮していると筋肉にも連動し影響を与えます。
そうすると、筋肉が強張ったような状態になり捻ったり、反ったり、立ち上がりの時に痛みが出ます。

骨盤や脊椎、股関節などの関節の動きの問題

どちらか一方に体重を乗せると関節自体が緩くなりそれに腰がたえきれなくなり、痛みがでます。
緩くなっている方に体重をのせるとより体は支えられないので反対側に乗るようになり
傾いたり歪んだりします。そうすると問題が起きている関節の周囲が緊張したり硬く
なることでなんか腰がだるい、不安定な感じがするなどの痛みが出やすくなります。


椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎分離症などの疾患によるもの このような疾患がある方は神経系の圧迫や炎症を起こしやすいため、痛みが発生します。
ですが、疾患部位から痛みが発生しているのではなく
痛みが出ないように庇うことで周りの組織や神経系の圧迫が起こり痛みが出るケースがほとんどです。
痛みが強い場合や神経症状が出ている場合はまず整形外科に行くことをオススメします。


まだまだ要因はありますが、おおまかに分けるとこうなります。

立ち仕事で腰痛が起こる理由

吹田市江坂の立ち姿勢腰痛
では、ここからが本題です。腰痛が起きる要因は先ほどお話ししましたね。
要はその要因に当てはまる行動や姿勢などをすると腰痛となる訳です。

・立ちっぱなしによる血行不良
一見、動いたりしているから血流が悪くなる印象はないと思いますが
血液は心臓から足、足から心臓に帰かえります。立っていると重力が下に加わり
ただでさえ足から血液を返すのは筋力がいるのに、その2、3倍の力が必要になります。
たち仕事でもむくんだりするのはその為です。

・立ち姿勢
作業によっては前のめりになったり左右どちらかに体重をのせたりすると
骨盤や股関節、背骨などが歪み、その周辺の筋肉に影響が出ます。
また体はまっすぐに保とうとするので重心がかかっている反対側にも
痛みが出る場合があります。

・座らない
お仕事中になかなか座れないという方が多くおられます。
常に動いていたり、同じ姿勢でいると常に同じ筋肉負担がかかり
姿勢が崩れたりすることで上記のように腰痛の原因となります。

職場でもできる簡単対策法

・屈伸運動
屈伸することで筋肉がポンプのような働きをし、血液が心臓にかえりやすくなります。
第3の心臓と呼ばれる腓腹筋がしっかり機能するので、休憩時間などで
しっかり曲げ伸ばしをしましょう。
・立ち方
正しい立ち方をすれば腰や足に筋肉や関節になるべく負担をかけずに
仕事をすることができます。正しい立ち方についてはこちらの動画をチェック

まとめ

立ち仕事の腰痛は常に立っていることで、体を支えている背骨・骨盤・下肢に常に負担がかかり
その上で体幹にあたる腰を痛めやすくなるのです。
一度歪んでしまったものを戻して維持して行くのは大変なことですが不可能ではありません。
あまりにも改善が見られない場合は1度、整体などに通いしっかりと体のケアをすることを
オススメします。

【関連記事】

・腰痛について
・腰の痛みの多くは”仙腸関節炎”
・【症例】ギックリ腰一歩手前の腰痛|30代女性|整体
・【症例】産後の立ち仕事で腰がつらい|産後骨盤矯正|30代女性
  • 阪急豊津駅から徒歩3分!
    コインパーキングサービス有ります。
  • お車でお越しの方
    千里中央方面からの場合
    新御堂筋(423号線)を大阪方面に進み、名神高速道路と交差する地点で左折します。
    名神高速道路を左手に見ながら側道を直進すると、突き当たりに関大前駅が見えてきます。
    そちらを右折して直進すると右手にコンビニ(ローソン)が見えてきます。
    さらにもう少し進むと、線路側と住宅街への二手に分かれる道が見えますので、右手(住宅街)の方へ進んで下さい。直進して突き当たりを右折すればすぐ右手に当院があります。

    大阪・梅田方面からの場合
    新御堂筋(423号線)を千里中央方面に進み、神崎川を越えてすぐの江坂方面出口を降りて一つ目の交差点(江の木町)を右折。
    100mほど進みますと川と橋が見えて来ますので橋を渡らずに川沿いの道へ左折。
    川を右手に見ながら北東方向に直進すると信号(内環状線)が見えてくるので、そちらを越えてさらに川沿いを直進します。
    800m程進みますと、左手に豊津の交番が見えて来ますので、そちらの交差点を左折。
    100m程進みますと、右手に当院の看板が見えて来ます。

    駐車場について
    当院斜め前のコインパーキングをご利用ください。
    サービス券をお渡しいたします。
    電車でお越しの方 "阪急豊津駅"
    阪急豊津駅の改札を出て、右側にある出口から地上に出ます。
    踏切を背中にして直進し、交番と洋菓子屋”らふれーず”に挟まれた道をさらに直進して下さい。
    郵便局、ファミリーマートを通り過ぎて少し進めば右手に当院が見えてきます。
    整体太郎と鍼灸花子
    - ご予約・お問い合わせ -
    TEL 06-6385-1508
    〒564-0062 
    大阪府吹田市垂水町1-8-25
    » コインパーキングサービス有
    » 阪急千里線 豊津駅から徒歩3分

     
    9:00-13:00
    16:00-20:00 ×
    受付時間 
    午前9:00-13:00 午後16:00-20:00
    休業案内 
    木曜 / 日曜午後 / 祝日
"土日も営業"
"キッズスペース"
"待ち時間なし"