スマホメニュー
整体太郎と鍼灸花子
WEB予約
24時間・簡単予約!
06-6385-1508
午前9:00-13:00 午後16:00-20:00
- ご予約・お問い合わせ -
TEL 06-6385-1508
 
9:00-13:00
16:00-20:00×
受付時間 午前9:00-13:00 午後16:00-20:00
休業案内 木曜 / 日曜午後 / 祝日
facebookページ
ブログ
スタッフブログ
BLOG
体に関する事や、お知らせ・日々の活動をご報告。

体の様々な不調、実は体の炎症が原因だった!?

2019年11月1日 金曜日

体の不調の原因は本当に様々な要因が関連して来ます。しかし、最近の研究では体の炎症によって不調が引き起こされ、ついにはうつ病の要因にもなり得ると言われています。今回はそんな体の不調と炎症の関わりについて分かりやすく解説していきます。

吹田市江坂血糖値

体の不調をもたらす炎症についての記事

長寿な人の共通点は体の炎症レベルの低さ

高齢者を対象に行った血液検査で肝機能や細胞の劣化を調べたところ、健康だったり仕事を現役で続けていられる高齢者は一般的な高齢者と比べて体の炎症レベルが異様に低かった
このデータから研究チームは、健康的に歳をとるには体の炎症対策がもっとも大事であると示している。

炎症が長引くと全身の機能低下を招く?

炎症といえば捻挫や擦り傷など、体表面での急性炎症を思い浮かべるかもしれない。
しかし、炎症は体表面だけに起きる現象ではない。たとえば関節炎は膝や肘の炎症で痛みが起きた状態だし、アレルギーの場合は外から入ってきた異物に対しての免疫反応として目や鼻に炎症反応が起きた状態。

ところが、現代人のパフォーマンス低下は、風邪のように高熱で一気にかたをつけるのではなく、とろ火でジワジワと全身を煮込むような形で進行する。このような長期の炎症の場合は免疫システムが反応し続けることで、血管や細胞といった周辺組織にまでダメージがおよび全身の機能が下がっていく。

鬱病=慢性炎症が原因!?

上記の慢性炎症は脳の機能にも激しいダメージを及ぼす。
その代表例が鬱病で、その原因は諸説あるがこれまで有力視されていたのは脳の化学物質に注目した説だった。セロトニンやドーパミンといった脳内ホルモンのバランスが乱れ、精神の不調を引き起こすという考え方。それ故に現在の抗うつ剤も、脳内ホルモンを調整する作用をもつ。

しかし、鬱に苦しむ患者の中には、抗うつ剤が効かないケースがよく見受けられる。ミシガン大学の研究によると、セロトニンが少ない人でもメンタルが健康な人は多く、逆に鬱病なのにセロトニンが多い人も一定数確認されている
もともと鬱病でセロトニンやドーパミンが少ない人は全体の4分の1にも満たず、脳内ホルモンの仮説では説明がつきにくい。

その代わりに注目され始めたのが「鬱病の炎症モデル」。人体が何らかのダメージを受けてサイトカイン(炎症物質)が分泌され、脳の機能に影響を与えるという考え方がある。

このケースで薬を飲み続けると内臓や全身機能はさらに負担がかかって悪循環に陥ってしまう可能性もある。

炎症対策

要するに古代からの人間の体に備わっている機能と現代の生活様式のギャップがそれらの炎症を生み出しているということ。
それらを防ぐには、古代と比べて①多すぎるもの、②少なすぎるもの③新しすぎるもの、これらのバランスを見直すことでしか調整できないと著者は書いている。
以下一例

炎症の原因〜多すぎるもの〜

摂取カロリー
精製穀物
アルコール
オメガ6脂肪酸
塩分
乳製品
飽和脂肪酸
満腹感
食事のバリエーション
人口密度
衛生設備
人生の価値観

炎症の原因〜少なすぎるもの〜

有酸素運動
睡眠
空腹感
ビタミン
ミネラル
食物繊維
タンパク質
オメガ3脂肪酸
自然との触れ合い
有益なバクテリアとの接触
太陽光の摂取量
深い対人コミュニティ
他人への貢献

炎症の原因〜新しすぎるもの〜

加工食品
トランス脂肪酸
果糖ブドウ糖液糖
公害
人工照明
デジタルデバイス
インターネット
慢性的なストレス
化学物質
重金属
処方薬
抗生物質
孤独
仕事のプレッシャー

まとめ

上記にあるように、現代には多すぎるもの、少なすぎるもの、新しすぎるものが存在している。
体や脳の機能自体は昔とほとんど変わらないにも関わらず、私たちを取り巻く環境が変化して来ている。
これらの要素のバランスを調整する事が、自分たちの本来の健康的な機能を取り戻す第一歩になりそうだ。

  • 阪急豊津駅から徒歩3分!
    コインパーキングサービス有ります。
  • お車でお越しの方
    千里中央方面からの場合
    新御堂筋(423号線)を大阪方面に進み、名神高速道路と交差する地点で左折します。
    名神高速道路を左手に見ながら側道を直進すると、突き当たりに関大前駅が見えてきます。
    そちらを右折して直進すると右手にコンビニ(ローソン)が見えてきます。
    さらにもう少し進むと、線路側と住宅街への二手に分かれる道が見えますので、右手(住宅街)の方へ進んで下さい。直進して突き当たりを右折すればすぐ右手に当院があります。

    大阪・梅田方面からの場合
    新御堂筋(423号線)を千里中央方面に進み、神崎川を越えてすぐの江坂方面出口を降りて一つ目の交差点(江の木町)を右折。
    100mほど進みますと川と橋が見えて来ますので橋を渡らずに川沿いの道へ左折。
    川を右手に見ながら北東方向に直進すると信号(内環状線)が見えてくるので、そちらを越えてさらに川沿いを直進します。
    800m程進みますと、左手に豊津の交番が見えて来ますので、そちらの交差点を左折。
    100m程進みますと、右手に当院の看板が見えて来ます。

    駐車場について
    当院斜め前のコインパーキングをご利用ください。
    サービス券をお渡しいたします。
    電車でお越しの方 "阪急豊津駅"
    阪急豊津駅の改札を出て、右側にある出口から地上に出ます。
    踏切を背中にして直進し、交番と洋菓子屋”らふれーず”に挟まれた道をさらに直進して下さい。
    郵便局、ファミリーマートを通り過ぎて少し進めば右手に当院が見えてきます。
    整体太郎と鍼灸花子
    - ご予約・お問い合わせ -
    TEL 06-6385-1508
    〒564-0062 
    大阪府吹田市垂水町1-8-25
    » コインパーキングサービス有
    » 阪急千里線 豊津駅から徒歩3分

     
    9:00-13:00
    16:00-20:00×
    受付時間 
    午前9:00-13:00 午後16:00-20:00
    休業案内 
    木曜 / 日曜午後 / 祝日
"土日も営業"
"キッズスペース"
"待ち時間なし"